ベーターセッション体験談・一戸 2

 

今日は新しいプログラムをつくったので試乗をしてみました。

 

プログラム名は…完成したら発表しますね!楽しみにお待ちください。

 

始まりは昨晩の瞑想でお会いした弁天様と龍が出て来ました。瞑想の時よりはっきりと力強く登場!!

いちなるに関してのこれからについてのメッセージを頂き1頭だった龍が最後には3頭になり絡み合いながら空へ上って行く映像があり、その後はやはり昨晩の瞑想でお会いした恵比寿様と大黒様がかわいい感じで出て来て、お二方からもいちなるに関してのメッセージを頂きました。


ここまでで多分2曲位だったと思います。この後はちょっと意識が浮いている感じがしたのですが、この時点で気がついてことを強く意図しました。(これは乗る前に意図した内容とは別です。)パイプオルガンの音が聞こえて来ると左側の頭(脳?)全体が重痛くなりましたが、これはきっと左脳に変化が起きているせいと考えて気にせずにいました。ベーターセッションではたまにちょっとした痛みがあることがありますが、知らない内に消えて行きます。

 

水音が聞こえて来ると母が胎児の様な姿で目の前に出て来ました。現在、私の母(84才)は体調を崩し入院しています。ずっと目の前にいるので色々話しかけてみましたが最初は答えません。

 

何度か試していると反応がありましたので「お母さんの逝きたい時にいつでも逝ってね。光の方へ行けばいいだけだから。」と伝えましたがピンと来ていないようです。

 

一緒に練習しようと誘ってみると同意してくれましたので、母の手をつないで光が溢れるところまで行きました。光は大きく楕円に広がり口が開いた様な形です。光の中には亡くなった伯父(母の弟)と祖母(母の母)が笑顔で立っていました。私は母に「ほらここに来ると皆が待っていてくれるからね。」と言い2人でこちらに帰って来ました。

 

きっと、母は夢の中でこのことを体験していると思います。起きても覚えていないかもしれませんが、潜在意識下での体験になると思いますので、肉体から離れる時にはこの経験が役に立ってくれると思います。(入院はしていますが、まだ元気です。)

 

母はまだ私の周りで遊んでいるようでしたが、私のベーターの体験は続きます。


私はここでまた新たな意図をしました。「母に対しての全ての葛藤を手放す。父に対する全ての葛藤を手放す。…」と家族に対してのすべての葛藤を手放すことを意図しました。家族全員が笑顔で現れました。

「本当にありがたいな」と思いながら皆に感謝します。

 

セッションの途中で 瞑想状態にありながらも顕在意識は「この曲の並びはどうなの?」と思考が入ることもありますが、曲というよりエネルギーで万事OK!!という感覚がします。

 

母との体験が終わり曲が変わると、突然アイマスクをしているにも関わらず部屋の中と部屋を動くエネルギーが見えてました。部屋の中を沢山のエネルギーが活発に動いてます。

「あれ?私は目を開けているのかな?」と何度も思うのですがもちろん目を瞑りアイマスクをしています。これはよくあることなのですが、今回の体験はかなり強烈でした。

 

曲によってエネルギーが見え易いものとそうでないものがあります。プログラムをつくる時はそういったことも考慮して曲順を決めます。

 

最後の方になるとどこかの空が見え、次に大地と思われるものが見えて来ます。

「ああ、他の惑星だ。昔、私がいたところだ。」と直感します。

ずっと見ていると尖った屋根が沢山ある大きな塔が下から伸びてきます。

「塔なのか宇宙船なのか?」

 

次のビジョンは宇宙にいました。

1人で漂っているというより何か大きなものを背にして宇宙を眺めています。惑星や漂流するものがどんどん視界から流れて遠ざかって行きます。


まるで、自分も星の一部の様な感覚。。。

 

または…地球に来た時のビジョン。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

これは私の体験ですので、違う人が違う意図で乗ると違うことが起きます。

でも、プログラムでそういった領域を体験し易いというのはあります。今回私が試したプログラムは魂意識にフォーカスし易い様につくりました。もう少し研究して皆様に体験して頂けるようにしますので楽しみにお待ちください♡

 

一戸愛美



 

随時更新😸
随時更新😸

<<<お問合せとお申込み>>>

ワークショップ、個人セッション、

ベーターセッション等のお申込み・

お問合せはお問合せフォームまたは

   ☎0746-43-0767

メールway@ichinaru.com へ

お気軽にご連絡ください。

電話受付10:00~18:00

定休日・火曜日

2015年9月28日スーパームーンの深夜2:00に 隈江緑が宇宙人を呼んだ!!!

 「いやし猫はじめました。」
 「いやし猫はじめました。」