次亜塩素酸水について

 

次亜塩素酸水×加湿器・噴霧器が健康にもたらす大きな効果とは? 

世の中には様々な除菌剤・消臭剤があります。用途や場所によって違う商品があり、いろいろと取り揃えなければなりません。そんな中、次亜塩素酸水は使える場所や物を選ばず除菌・消臭効果が期待できます。

 安心・安全に使える次亜塩素酸水は室内空間に微粒子を噴霧させることで、浮遊している菌やウイルスから室内にいる人たちを守ります。ここでは次亜塩素酸水が空間噴霧されることでもたらされる様々な効果があります。

 

次亜塩素酸水とは?

 次亜塩素酸水とは文字通り【次亜塩素酸(化学式:HClO)】を主成分とする水溶液です。次亜塩素酸水の生成方法は様々で、厚生労働省から食品添加物に指定されるものは専用の装置を使用し、塩化ナトリウム水溶液、塩酸水、あるいは塩酸と塩化ナトリウムの混合液を電気分解することで生成されます。その生成方法から酸性電解水ともよばれます。

 次亜塩素酸は私たちの体内でも白血球と活性酸素などが化学反応して作られ、細菌や異物を分解しています。その安全性の高さから家庭では、キッチン・トイレなどの水回り、居間などの居住空間、ペット周りなどいろんな場所で除菌・消臭目的で使用されています。また病院や介護施設、幼保育園、食品工場など様々な施設にも使用範囲が広がっています。

 

次亜塩素酸水がもたらす効果

次亜塩素酸水は水に近い性状です。次亜塩素酸ナトリウムより除菌能力が高く、アルコールでは効かない菌やウイルスも除菌します。また、次亜塩素酸はその強力な酸化作用で、他の物質から電子を引き抜く反応を示しますが、その過程で消臭効果を発揮します。これは化学的消臭と呼ばれ、ニオイの元である粒子や成分をニオイのない物質に分解します。さらに反応後は水に還元されるので残留性もありません。

 

 

次亜塩素酸水を加湿器(超音波噴霧器)に入れる効果

①広範囲の除菌

 普段の居住空間で次亜塩素酸水をテーブルやソファー、衣類などにスプレー噴霧して除菌・消臭しますが、これより広範囲に除菌・消臭効果を得るには超音波の加湿器や噴霧器などで空中に噴霧するのが効果的です。

 超音波噴霧された次亜塩素酸水はスプレー噴霧に比べ粒子が小さく、壁に沿うように拡がって2~3時間浮遊すると言われています。したがって部屋の大きさにもよりますが数時間噴霧することで大気中に存在する浮遊菌や飛沫核に除菌力を発揮します。

 また部屋の隅々まで行き渡るので、普段掃除しなかったり、手の届かない場所のニオイの消臭にも一役買います。

 

②加湿器自体の除菌

 少し前から超音波式の加湿器をよく見かけていましたが、これに普通の水を入れて使うと内部で細菌やカビが繁殖し、頻繁に手入れをしないと逆に菌を空中に散布してしまうことになってしまうので細心の注意を払う必要がありましたが、次亜塩素酸水を超音波加湿器に入れれば菌は繁殖しません。

 また、スチーム式や加熱式の加湿器では空間除菌の効果はなくなるとされていますので、次亜塩素酸水に対応した超音波加湿器または専用の噴霧器を使用します。

 

 

いちなるでは「スパクリーン(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム)」を購入し次亜塩素酸水を作っています。楽天やアマゾンでも売っています。

 ・加湿器用 :水24リットルに対してスパクリーン2グラムを入れよく混ぜます。

・スプレー用:水6リットルに対してスパクリーン2グラムを入れよく混ぜます。

 

  *冷暗所に置き3〜4週間で使い切ってください。