『一者の学』2019年4月〜9月の感想

2019年の受講生はとても感性豊かでスピリチュアルな女性3名でした。誰か一人に話しをしていても他の誰かが「そうか!!!」「私とおんなじだぁ!」と各々が自分の内面を見て共鳴共感しそして癒され解放される…を繰り返すとてもエキサイティング

 

和歌山県 女性 S様

毎月 来ることが楽しみでした。

次女のことが気になり始めたことがきっかけでした。

自分の思考のくせに気づき、インナーチャイルドではとても身体にこたえました。

また、ここで出会った二人の思いを聞き 自分とも重なったり。

とても不思議なこと空間を感じられたことに感謝です。

呼吸を頑張って6ヵ月後 1年後の自分が楽しみです。

 

 

 

奈良県 女性 T様

こうなりたいという思い…はあっても、どこかでムリじゃないのかな と思っていた事が 色々と叶ったり 変わったりして びっくりしました。ありがとうございました。

 

 

奈良県 女性 M様

全6回、6kヵ月間ありがとうございました。

いちなるに来させていただく度、いつも本来の自分に戻っている感覚になりました。

なるみさん、みどりさんには毎回バシッと的確な言葉をいただいてスッキリと前に進めるようになりました。

受講させていただいて、本当に良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

『一者の学』の感想

 

グループワーク、個人レッスン

 

 

 

 

 

 

 

「1〜6の学までの感想」グループワーク 東京都 S様 男性

 

愛美さん、緑さん 、全六回、一者の学、ありがとうございます!!!
六の学と、全六回を振り返りましたので、感想をお送り致します。

六の学で初めて白い、うさとのロングベストを身につけたのですが、あのベストは1年ぶりに着たのです。ベストにはポケットがありまして、手を入れたらカードが出てきました。1年前のイベントの時にその場にいたみんなで引いたカードです。つまり、1年ぶりにそのカードを目にしたのです。

そのカードには、こう書かれていました。「ジャッジしないこと」(!)。ジャッジしないというのは、一者の学を通して、愛美さんと緑さんが繰り返しお話くださったことです。最後の最後に、仕上げにそう来たか!と思いました。

<アートセラピー>
アートセラピーは2回目以降(2匹のリスを描いた時)、毎回インスピレーションはすぐに浮かんで、そしてイメージ通りに満足な絵を描けて来られました。今回はその集大成と言えると思っておりまして、インスピレーションもすぐに浮かんできてイメージもすぐにかたまり、楽しく、気持ち良く描くことができました。

今回の絵の、右上の星、王冠、強い目、胸元の大きなハート、いずれも浮かんできたイメージを迷うことなく描いたものです。王冠を描いたのは(=王として自分を描いたのは)、自分の物語を主人公として創り出してゆく力強さを無意識に求めているからなのだと分析しております。非常にお気に入りに出来上がりましたので、部屋に飾りたいと思います。

<いちなるセッション>
二の学から毎回恋愛相談になりましたが(笑)、最終回も迷いを払うことができて良かったです。毎回の進捗報告が楽しかったです。

成り行きでしたが、最初の3回はひとりで受講して、愛美さんと緑さんを独占できたのは大きかったと強く感じております。振り返りますと、自分は前半が特に大事だったので(前半3回でドライブかけて勢いに乗るのが重要だった)、結果的に良かったと思います。独占させてくださり、ありがとうございます!!!!!

<ベーターセッションの感想>
六の学のベーターセッションで見たヴィジョンを通して感じた統合は、「自分はひとりで生きているつもりでも実はそうではなくて、たくさんの存在たちと共にあるのであり、『自分』と『守護の存在』と分離しているのではなく、本来は1つの存在なのだ。皆と一緒に生きているというより、本来は1つの存在として生きているのだ』という感じです(まだ頭で解釈した部分はありますが…)。

ヴィジョンの始まりは、トンネルのような一本道の両側に守護の存在たちがずらっと並んでいらっしゃって、その中を歩いて抜けていく感じ。次の場面は光となった守護の存在の方々が自分の身体にどんどん入ってきて、吸収していく感じ。そして、背中に大きな白い羽が生える。この先は記憶がなくなりました。

最後の激しい曲の時は記憶が戻り、水の中のトンネルの中にいて、先には光が見える。その中を彼女と手を取りながら、駆け抜けていって、トンネルを抜けて光の中へ入っていく。そして、海のようなところの水上に出る。ここで終わりました。このような感じでした。最後の場面のふたりで楽しそうに駆けて抜けていくところの感覚はとてもリアルでよく覚えています。
(CDありがとうございます!!!)

<正式参拝の感想>
正式参拝でとても印象的だったのことが2つありました。1つは祝詞奏上が神主様のお姿が見えないところで行われていたことです。急な階段を昇られていって視界から神主様が消えた時、何と言うか…すごいと、神様の世界に昇って行かれたと感じました。

もう1つは、階段上での参拝が終わって階段を降りてきて、敷居が目に入った時、「あ、神様の領域から人の領域に帰ってきた」という感覚が湧いてきたことです。何と言うか、そこに明確な境界線を感じたのです。きっと昔からこういう感じで(今以上に)、あの境界線の向こう側は神様の領域として崇められてきたのだろうなと感じました。

後、おお、と思ったのは、緑さんが一者の学のお話を神主様にご説明したら、いろいろ特別なことが起きたというお話を伺って、想いをしっかり伝える(=コミュニケーションをとる)のは大切なことなのだと改めて感じました。

良い正式参拝ができましたのは、きっと朝、神々様とのコンタクト担当の守護天使の方(そういう方がいらっしゃいます)にサポートをお願いしていたからだと思います!

<愛美さんのご挨拶の仕方>
愛美さんの神棚の前でのご挨拶の仕方は初めて拝見しましたので、勉強になりました。あー、こういう感じで守護の方々にお声をかけていらっしゃるのかと思いながら、ご挨拶しました。

<最後のドームでの感謝の音出し>
だんだん皆様の音が共鳴して高まってきて、心地良さが高まり、虹色に輝く光がドームの中をぐるぐるとまわり、時に金色のスパークがドーム内に満ち溢れ、たくさんの光の玉や、光の文字(漢字)が身体の中にどんどんぶつかるように入り込んできて、衝撃で身体が何度も後ろに押される感じでした。たくさん感謝のエネルギーを頂きました!

<<まとめ>>
六の学を終えて、一の学からの5ヶ月が走馬灯のように流れてきます。長かったような、短かったような。
いつもと違う場所、空間に移動するのは、自分の感情や思考を固定させないという意味でも大事だと思っておりますので、月に1〜2回、いちなるさんに通ったのは、良いエネルギーの動かし方をしたなと思います。かけがえのない時間となりました。

愛美さんと緑さんとお話もできましたし、美味しいご飯も頂くことができまし(全部のご飯が美味しかったですが、六の学の初日のなめこのお味噌汁は格別でした!)、気持ちの良いお布団で眠ることもできました。ありがとうございます。

5ヶ月を一言で総括しますと、「自分よくがんばった!」(笑)です。彼女との距離を諦めずによくぞここまで縮めてきた!良くやった!と(笑)。

全六回の中で、特に印象に残っているのは、(前回の感想にも書いた気がしますが)守護天使と繋がるベーターセッションで80人くらいの方とお会いしたこと(どなたが場面設定を助けてくださっているのかわかりました)、過去生の自分と繋がるベーターセッションで守護天使のひとりであるハインリッヒさんとお話をして自分がどういう過去を歩んできて何を求めているのかを聞いたこと(感動して涙が流れしました)、2匹のリスを描いたこと(この時にアートセラピーとクレヨンで絵を描く楽しさを知りました)、そして、一者の学ではありせんが、フレッシュナーを作ったことです。

そう言えば、場面セッティング担当の守護天使様は雲に乗った、お髭を蓄えたおじい様で、雷を操る方なのです。なので、電光石火で場面セッティングしてくださるのですが、一度は大雨を振らせてくださって、彼女と話をする場面をセッティングしてくださったことがありました。雨を操るというところはまさに丹生大神様と共通するところだなと思いました。

楽しかった!!!
いろいろ書きましたが、その一言に尽きます。

ありがとうございます!!!

そう言えば…緑さんのワークで、そのうち、夢の使い方を教えてくださるとのことですが、お風呂の入り方等もありましたら、伺いたいです!

 

 

🌟

 

 

「1〜6の学までの感想」グループワーク 奈良県 Y様 男性

 

この度は約半年間に渡りサポートくださいまして、ありがとうございました。今回のワークを受講して改めて自分を観る事になりましたが、自分自身の事は知っている様で何も知らず、知りたくない自分の存在も知りました

 

♡自分のことはわかっているようでわかり難いものですので、グループワークに受講することで他の人をみて自分を知ることができたのではないでしょうか。

 

 

ワークで出された課題の実践、アートセラピー、対面セッション、ベーターセッション、ファミコン等、この6ヶ月で行われた数々のワークは都度自分に変化をもたらしてくれました。

今後はこのワークで得た事を日常で実践し自分を大切に意識的に行きて行きます。最後になりましたが講師の一戸さん、隈江さん、そして参加者の皆様に心より感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

♡一者の学を終えてからも日常で自分自身に意識的でいてください。こちらこそ6ヶ月間受講して頂きありがとうございました。 これからのY様のご活躍をお祈りしております。

 

 

 

🌟 

 

 

 

「1〜5の学までの感想」グループワーク 東京都 H様 男性

最初は試しに1の学だけ、と思い参加した「一者の学」でしたが、とうとう残すは6の学だけ、というところまで来てしまいました。

♡一者の学は1回でも体験して頂くとご自分の変化や意識の状態を体感して頂けるとても感覚的なプログラムですので、Hさんが一の学をお試しになられてとても良かったです。

 

 

1の学に参加したところ、、私を含め男性が3名(4の学から男性1名が合流)。このようなグループワークで全員男性というのは今まで経験がなく、直観で「これは参加しなければ!」と思い、続けることにしました。
♡Hさんはご自分で認識しているよりもずっと直感的で、その直感が優れていらっしゃいます。あとはどれだけ「自分のことを信じられるか?」ですが、それも5の学までで大きな変化が現れています。

 


グループワークのいいところは、他の人の悩みやその対処などを客観的に観察できるところ。同じような悩みでも、自分のこととなるとどうすればよいかさっぱり分からないのですが、他の人と愛美さんのやりとりを見てると、「あ〜、そういうことね。}と腑に落ちる。しかも同じような感覚を持った人たちが参加しているので、何倍もおいしい!、という感じでした。

♡分析力と客観性があるので「1つ」のことから多くを学ばれている姿はサポートしている私達もとても楽しくワクワクします。

 


私の課題は、「感情を抑え込んでしまう」「思ったことを言えない」「自分に自信がない」などなど。そこら辺の原因が徐々に明らかになっていき、徐々に解消されていく・・・。それが5の学(家族関係)でMAXに。

♡何が自分を小さく収縮させ不自由にさせているか?をみつけることは自分を知り統合する為の大きな鍵です。

 

まだまだ変化が続くことを期待しつつ、6の学に挑みたいと思います。

 

 

🌟

 

 

「1〜5の学までの感想」(個人レッスン1〜3、グループワーク4〜5)東京都 S様 男性 

<自分がどう変化したか?>

まずは自分の変化からですが、四の学の時にシェアをしました通り、一番変わったのは、好きな人ができたことです(笑)。世界の色彩はこれほどまでに変わるのかと(笑)。

♡好きな人ができると本当に世界は一変してしまい、すべてが色彩豊かで輝いて見えますね。

もちろん!Sさん自身がとても✨キラキラ✨輝いて歓びに満ち溢れています。

 

 

この一番の変化は、一の学で「私は恐れず自分を表現する」の意図でベータセッションに乗ったからだと思います。↑今はこの表現に違和感がありまして、今の意図は「私は恐れず自分を表現し、望むものを手に入れる」です。

♡感覚がとても冴えている方なので、ご自分の手に入れたいもの現実化したいものに向かってしっかりと向き合い対応されているのが素晴らしいです。

 

 

そしてその人との距離を縮めるために自分で主体的に、かつ丁寧に、根気よく、そしていかに自分の心を静めかを意識しながら、行動を起こし始めたことです。

♡恋をするとついつい焦って行動しがちですが、Sさんは焦らず相手の方のお気持ちも察しながら思いやりを持って行動されています。

 

 

そして、今までなら諦めていたと思われる相手との距離の中、自分の主体的なアクションと、守護の存在の絶大なるサポートにより、一の学の時点では考えられなかったくらい、距離を縮めることができました。

愛美さん、緑さん、守護の存在の皆様方、そして最初の一歩を踏み出した7月の自分(ここ重要(笑))、ありがとうございます。

♡Sさんの恋バナは1つ1つが奇跡か魔法の様なお話ばかりですが、ご自分の守護存在のサポートを習った直後にとても上手に使っていらっしゃいますね。

 

 

振り返ってみて、とても重要なことだったと感じるのは、守護の存在と、守護の存在へのオーダーの仕方と、そのオーダーを通しやすくするにはどうするのかがわかってきたことだと思います。そのことにより、目に見える存在と目に見えない存在と両方の力を総動員して日々を生きるということがどういうことなのかわかってきたように思います。

♡これこそが楽しく生きる極意です!

 

 

<各セッションについて>

受けさせていただいたセッションを一言でまとめますと、目に見えない存在、目に見えない力を

具体的に、どのように、日常生活に活かすのかを教えて頂いた、です。そして、全6回ということで毎回進捗報告もあり、継続的にサポート頂いたのがまた大きかったと感じております。

毎回の進捗報告が楽しかったです。

♡私達も毎回Sさんの変化と進化にとてもワクワクしています。

 

 

<ベーターセッションについて>

ベータセッションはとても心地よいですが、それだけではなく、ベータセッションを最大限活用するためにはどういうフレーズで意図を設定すればよいのか、またそこで得たメッセージをどう具体的に生活に活かすのかを教えて頂きました。

♡すべては意図!!!次第です。

 

セッションでメモした内容はまるで書き示された文字の間からエネルギーが湧き出てくるようで、帰宅してからも何度も何度もノートを読み返し、噛みしめるように意識にぶつけるようにしていました。

 

意図設定の仕方がわかってくると、今まで自分が勝手にこれは無理だと思っていたこともそれが可能になるように「意図」してしまえば良いのだと気づいたのは目から鱗でした。

まだ発生していない未来なのに勝手に決めつけていると、、、。

♡まだ発生していない 確定していない未来に対して、どれだけ無駄な妄想を繰り替えしているかに気づくことができれば、ネガティブな思考パターンを手放すことができます。

 

 

<印象に強く残っているプログラムは?>

・守護天使と繋がるベータセッション⇒約80名の守護の存在の皆様方とお会いすることができた

・自分の過去生と繋がるベータセッション⇒自分の守護天使のひとりであり、過去生の自分でもある存在との対話はかけがえのないものでした

♡ご自分でももう気づいていらっしゃると思いますが、Sさんはとてもヴィジュアライズするのが得意な方です。エネルギー的な感覚と合わせてみて行く事でもっともっと潜在能力が高まります。

 

 

<アートセラピー?について>

・一の学の時は表現の仕方がわかっておらずいまいちでしたが、二の学以降、表現の仕方がわかってからは楽しい以外の何物でもありませんでした。

♡アートセラピーは上手く描くわけではなく、ご自分を表現するものだと理解するととっても楽しく、童心に帰ることのできる素晴らしいツールです。そして、表現された絵が表す意味を知るとぶっとびます(笑い)

 

<誘導瞑想>

・守護天使と繋がるベータセッションの前の愛美さんによる宇宙人に合う誘導瞑想⇒自分の意識が静かに、ゆっくりになってきて、Θ波になっていく過程はとても心地よかったです。

♡あの瞑想は多面的な視野や意識をもつのにもとても役に立ちますので、ご自分でもチャレンジしてみて下さい。

 

<アクセスについて>

毎月1~2回、東京から東吉野へと空間を移動し、時を過ごし、セッションを受けるというのはとても楽しかったです。空間を移動すると、エネルギーも変わりますし、東京から東吉野に移動するというのはとても良かったと思います。

♡時空間の移動は日頃のエネルギーを手放し素の自分になるとても良い調整期間になりますね。

 

 

 

一者の学を受講して〜私の再生物語〜

京都府・M太郎さん

 

「愛しの座敷わらし」という小説があります。(作:萩原浩)
もうお読みですか?数年前の小説のようですが、直木賞候補にもなったみたいで、水谷豊主演で映画化もされたみたいです。(今度DVDを買います)
  私は、今年になってからブックオフで上・下各108円で買い、ちょうど4の学のときに読んでいました。(「いちなる」でこの本を読めば、座敷わらしに会えるかも」といういやらしい気持ちもありましたが。)
内容は、都会に住むギスギスした関係の一家が、東北の田舎の古民家に引っ越したところ、そこには座敷わらしが住んでおり…というもので、座敷わらしを巡る騒動や、周辺の「ゆるり」とした生活環境の中、家族の皆の意識や行動が変わり始め、徐々に本来の望ましい関係を取り戻していく家族再生の物語です。

豊かな自然、テレビや新聞が無い環境、ゆっくりと流れる時、参加者が一つのテーブルを囲んでのおいしい食事、やさしい(ときには厳しいか?)愛美さん、緑さん等々…。なぜか、この小説の舞台の古民家と「いちなる」がダブるんですわ。
さて、そのような「いちなる」で受講した一者の学」です。
一の学びから始まり、自分の置かれている環境、自分の感情、(アートセラピーを通して)潜在意識を見つめていく(いわゆる「内観」?)という作業をかなりしてきたように思います。そして、五の学では、とうとうお互いの家族関係を開示するといったことまで行いましたねぇ。

そのような、これまでの学を通じて、何か、「素の自分」に戻ってきているというか、心に染みついた余計な部分がとれてきているというか、うまく言えませんが、そのように感じてます。
今まで身につけてしまった「エゴ」「ねたみ」「嫉妬」「自分が基準」といった考え方「意味のない怒り」などが薄れてきているような…。そのように感じます。
その他の変化は、次のとおりです。


一〜五の学までの変化
・ごく自然に、自分から声をかけ、おばあさん等に席をゆずっていた(小川祭後に3回)。これには、我ながらビックリした。
・自分の置かれた環境に対して毒づくことが少なくなってきた。
・これまでの最高記録である1日半の禁煙に成功した。

おもしろいところでは、
・小川祭以降、夢が変わってきた(=起きてもよく覚えているような、生々しい夢を見ることが多くなったし、体脱に成功した夢を見たり、昼間の空にUFOを見た夢を見たり。)
・この1年の間に、顔の皮膚の色が100%灰色!のおじいさん(もちろん別々のおじいさん)を2回見た。
・今夏、旅行先での特殊な環境(ほとんど真っ暗な炭火サウナの中)ではあるが、手の周りのオーラ?が見えた。指や腕のまわりに、1cmほどの水蒸気の膜のようなものが見えました。手を動かせば、それに合わせてその膜も動きました。汗が気化していただけかな?

 

・・・・・・・・・・・・・🌟・🌟・🌟・・・・・・・・・・・・・

 

 

M太郎さん、感想ありがとうございます。「一者の学」を始めた大きな理由は受講者のみなさんに「素の自分」「本来の自分」を取り戻して頂くことです。

 

長い間かけて自分で作ってしまった思考パターンや生きる為の戦略やエネルギー等で「素の自分」「本来の自分」から遠ざかってしまったものをもう一度 取り戻し感じ「生きる」ことをサポートしています。

 

M太郎さんはしっかり「素の自分」を取り戻し、且つ! その先にあるギフトを受け取り始めています!

見ている私達もとてもワクワクします。温泉で見た「指や腕の周りの水蒸気の膜のようなもの」はオバムというエネルギーです。汗が気化しただけではありません。

 

M太郎さんをはじめ受講者全員(4名)がそれぞれの能力を開花し進化しています。2名がヴィジョンで視るタイプ、2名がエネルギーで感じるタイプのようです。もちろん、この先 色々な感覚や能力が目覚めてくると思います。何か1つ得意な能力が高まると他の能力も徐々に開花されて行きます。

 

さて、11月が最後の六の学がとても楽しみです♪

 

株式会社いちなる

講師 一戸愛美

 

 

 

 

*2019年4月20日開講の「一者の学」詳細とお申込みはこちら